シンプルかつ会社を守る
就業規則の作成
電子申請サポートのご案内

 
 お問い合わせフォーム  電子申請サポート案内パンフレット(PDF)
お問い合わせフォーム

『社会保険労務士』の使命・役割・仕事について

■社会保険労務士の使命は、大きく分けて以下の三つに集約できると思います。

 一 労務管理上のトラブルを未然に防止する事
 二 起こってしまった労務管理上のトラブルを法的に対処する事
 三 同じ労務管理上のトラブルを繰り返さないように措置する事

■社会保険労務士の目指す役割は・・・

 ●上記使命を果たす為の、会社様にとっての「ブレイン」「アドバイザー」
 ●実務的な実行力を提供する「サポーター」
 ●会社様のご発展・ご繁栄を陰ながら支援する「パートナー」

 に相応しい人材でいられるよう、日々実務能力を磨き、人事部等の外部委託先としての機能を担うことです。

■社会保険労務士の仕事は、主に以下のような労務管理業務です。

 労務管理の領域   項 目
 人の動きの管理  ①採用(募集・選考・契約)
 ②異動(選出・決定・実施)
 ③退職(合意・社内処理・手続き)
 労働時間の管理  ①労働時間(設定・管理・改善)
 ②有給休暇(管理・取得・促進)
 ③育児・介護休業(整備・運用・拡充)
 お金の管理  ①給与の決定(基本給・諸手当・定期確認)
 ②賞与の決定(原資・配分・実施)
 ③給与・賞与の支払(支給額・控除額・支払い)
 職場環境の管理  ①社員教育(計画・実施・改善)
 ②安全衛生(組織化・活動・改善)
 ③懲戒(事実確認・検討・実施)

「働き方改革」が叫ばれる今日この頃ではありますが、
企業の究極の目的は、収益をあげることに他なりません。
その収益をあげてくれるのは、社員の皆さまです。
その社員の皆さまに、やる気をもって働いてもらうことが何より大切です。
その為には、会社として「社員の皆さまが働きやすい環境」を整備する必要があります。
私たちの仕事は、「社員の皆さまが働きやすい環境」を整える為に、
「日々の細かな労務管理」を疎かにせず、
「社内の制度」や「仕組みを整備する」お手伝いをする事です。
そして、それによって社員の皆さまのモチベーションがアップし、
生産性が向上し、最終的には業績アップに繋がってきます。
当オフィスは、自らが独立起業を果たし、日々事業経営をしつつ、
経営者としてのヒト・モノ・カネの苦労も経験しながら、
クライアント企業様の事業の発展をサポートするとともに、
経営者様の日々のお悩みに寄り添いながら、
「働き方改革」のお手伝いをさせていただいております。



労務管理上のトラブルとは・・・

■労働基準法・労災保険法・労働保険や社会保険に関する法律等を“知らなかった”では済まされない?!

 ☑元従業員から残業代(時間外手当)の支払いを請求された
 ☑解雇した元従業員から解雇手当の支払いを請求された
 ☑労働局や社会保険事務所による調査で、保険未加入者が発覚し遡及加入により多額の保険料負担が発生
 ☑ダウンロードした就業規則等によって、多額の賞与や退職金を支払うはめになった
 ☑労働基準監督署の調査で是正勧告を受けてしまった

・・・等々、トラブルが起こってしまってからのご相談がほとんどです。。。(T_T)




トラブルを“未然に防止”する

■トラブルのほとんどは、未然に防止することが可能です!

 そのためには・・・

 ●法律をクリアし、かつ、事業所の実情に合った「就業規則」を整備
 ●採用時や労働条件を変更する際に「労働条件」を書面で明示し、労使双方納得のうえで就労
 ●適正な「時間管理」「仕事管理」を行い、無駄な残業や長時間労働をさせないような仕組みを整備

 ・・・等々、法律を熟知し、適切な措置を講じ、人間関係を構築し、仕組み作りをしておく事が大切です。(^o^)/




トラブルが起こってしまったら“法的に対処”する

■そうは言っても、トラブルが起こってしまったら、速やかに対処しなければなりません!

 感情的に事をすすめてしまうと、解決するのに時間と労力とお金がかかってしまいます。。。

 ●まずは、法律に照らし合わせて、何がトラブルの原因になったのか?
 ●次に、その原因の責任はどこにあるのか?
 ●そして、そのトラブルを解決するために、法的にどう対処すればいいのか?

 ・・・等々、冷静に法律に照らし合わせたうえで因果関係をつかみ、適切に対処することが解決の早道です!




同じトラブルを“繰り返さないように措置”する

■トラブルを解決したら、同じトラブルが発生しないように、適切に措置を講じておく事が大切です。

 同じトラブルを発生させない為にも、法律に照らした適切な措置を講じる事が、新たなトラブルを防ぎます。
 以下の問題点を再点検し、、労使双方で協議の場を設けて対処する事が望まれます。

 ●「就業規則」等の規則や規程の見直し・整備
 ●「労働条件」の見直し・整備
 ●「労務管理」の仕組みや組織の見直し・整備

 ・・・等々、このような措置に時間と労力を取られてしまうのは、会社にとっても大きな損失となります。。。(>_<)




メニュー



■社労士オフィス羽場(はば)
 〒663-8176
 西宮市甲子園六番町2-5-103
 地図(MAP)
 TEL:0798-44-3949
 FAX:0798-49-3938
 E-mail:lshaba@cocoa.plala.or.jp

業務地域:西宮・宝塚・芦屋・伊丹
・尼崎・神戸・大阪 他

■社会保険労務士:羽場 康高











スマートフォン版

社労士オフィス羽場

社労士オフィス羽場

社労士オフィス羽場